クラミジアの検査で早期発見

 

クラミジアはポピュラーな性病

クラミジアは数ある性病の中でも、感染者の数が最も多いと言われています。クラミジアというのは、男性も女性も感染しますが、あまり自覚症状がないので気づかないままの人も多いといいます。気づかないままの性行為で感染もさらに広がっていきます。女性がクラミジアに感染しているまま知らずに過ごすと、不妊症の原因になることもあります。妊娠したとしても、出産時に母子感染してしまうので一度しっかりと検査をすることも大切です。

 

男性がクラミジアに感染した場合の症状として、尿道からの膿、排尿痛、かゆみなどがあります。ただし、これらの症状が出ても見過ごすことも多いので、放置すると前立腺炎などに発展する場合もあります。女性がクラミジアに感染した時の症状としては、おりものの増加、不正出血、下腹部の痛み、性交時の痛みなどがありますが、無症状のことも多いためクラミジアに感染していることに気づかない人も多いといいます。

 

感染拡大予防や早期発見のために、クラミジア検査キットで定期的にチェックするのが望ましいでしょう。ある程度の費用はかかりますが、1検査あたり数千円程度ですので、誰でも気軽に検査を受けられますね。

 

参考になるサイト クラミジアの潜伏期間と症状

ノドにも感染するクラミジア

クラミジアは性器クラミジアだけでなく、オーラルセックスなどで咽頭クラミジアになることもあります。日本だけでも100万人以上の感染者がいるといわれている、クラミジアは最もポピュラーな性病といっていいでしょう。しかし、クラミジアに感染することでHIVの感染リスクも高まるので、決して軽視はできません。

 

クラミジア 喉 検査

 

咽頭クラミジアに感染した場合は、喉の腫れや痛み、発熱という症状が出ます。風邪の初期症状に似ていることから、風邪と勘違いしやすいので注意しましょう。症状が出ない場合も多いので、知らない間に恋人や妻などのパートナーに移してしまうこともあります。咽頭クラミジアの場合はコンドームだけでは予防しきれないので、クラミジア検査を定期的に受けるということも重要です。

 

のど クラミジア 検査

 

クラミジアは性器だけでなく、喉にも感染するということは知っておかなければならない事実なのです。また、性器クラミジアと咽頭クラミジアの検査方法は異なります。この点も注意が必要です。

 

参照したサイト 咽頭クラミジア検査