HIVの検査方法

 

HIV検査キットで感染を早期発見

昨今では、HIV検査キットが普及しているので、以前にくらべると、HIV検査が身近になりました。しかし、HIV検査キットが簡単に手に入るようになったからといって、HIV感染者が減少傾向にあるわけではないのです。やはり、HIV感染を防ぐには、コンドームの着用などの予防が必要であることは変りありません。HIV検査キットは早期発見、治療のための道具にすぎないのです。もちろん、検査にはそれ以上の感染拡大を防ぐ役割もあります。HIVの検査は血液検査です。病院や保健所で実施している検査とHIV検査キットでは検査の方法が異なります。

 

HIV検査キットでは、採取する血液が少ないので、異なる方法をとらざるをえません。検査結果の信頼性が問題になることがありますが、誤判定がでないように感度は高く設定されているとのことです。素人には専門的なことは分からないので、具体的な記述はここでは避けたいと思います。HIV検査キットは注射器で採血するわけではないので安心してください。なかには注射が苦手という人もいますからね。HIVの他にも、淋病や梅毒の検査キットとセットになって販売されているものもあります。性病検査するなら、多種目を同時にチェックするのが望ましいといえるかもしれません。これは複合感染している可能性があるからです。以上がHIV検査キットについての概要です。検査を検討している人は参考にしてみてくださいね。