ノドの奥に感染するクラミジア

 

喉のクラミジアの感染経路は?

クラミジアは男女共に感染するポピュラーな性感染症の1つですが、喉にも感染することがあります。喉のクラミジアはディープキスやオーラルセックスによって、粘膜に感染するのが一般的です。
症状としては喉の腫れや違和感があるという程度ですので、症状としては軽めになります。そのため喉のクラミジアに感染しているのかどうかの判断がつきにくいので、違和感があれば検査を受けてみてください。
喉のクラミジアの検査は性病科もしくは、泌尿器科か産婦人科で受けるのが一般的です。性器のクラミジア検査を受けた時に、喉の検査も受けておく方が良いでしょう。喉のクラミジアの検査では喉の粘膜を綿棒などで採る方法と、食塩水を使ってうがいする方法の2つです。最近では簡単な上に失敗しにくいことから、うがいをする方法が主流となっているそうです。他にも血液検査でクラミジアに感染しているか判別できるのですが、感染部位の特定が難しいため、あまり行われていません。喉のクラミジアも検査は性病科や泌尿器科、婦人科で受けるのが一般的です。食塩水を使ってうがいをし、そこにクラミジアが含まれるかどうかを調べる遺伝子検査は簡単な上に精度が高く、主流になっています。いまでは、喉クラミジア検査キットも通販で購入できますが、うがい方式を採用している検査キットも主流になりつつあるようです。素人が検体を採取する場合は、うがい方式が簡単で確実なようです。事情があって病院で検査を受けることができない場合は、喉クラミジア検査キットを利用してみてくださいね。